TOP PAGE 製品紹介ページ サポートページ

「Microsoft .NET Framework 2.0 について」

Windows Vista/7/8/8.1の場合
            .NET Framework 2.0 の代わりになる .NET Framework 3.5 がインストール済なので
           
.NET Framework 2.0 をインストールする必要はありません。
            但し
.NET Framework 3.5 が有効化されていない場合は有効化して下さい。

.NET Framework 3.5 の有効化の確認と有効化のしかた
            コントロールパネル プログラム プログラムと機能 の画面を開きます。
            Winsowsの機能の有効化または無効化 をクリックして Windowsの機能 の画面を開きます。
            .NET Framework 3.5 または .NET Framework 3.5.1 を探して図のようにチェックが入っていれば有効化されています。
            チェックが無ければチェックを入れると有効化されます。
            Windows 7 の場合
            Windows 7
            Windows 8.1 の場合
            Windows 8.1
Windows XP の場合

            最新のサービスパックが施されていれば .NET Framework 2.0 がインストールされている場合があります。
            コントロールパネル プログラム の追加と削除 の画面を開いて
           
.NET Framework 2.0 または 3.0 または 3.5 の有無を確認して下さい。
            上記の三種類の何れのバージョンもインストールされていない場合は下記を参考にインストールを行って下さい。
            Windows 8.1

            以下のURLは変更されている場合があります。
            もしダウンロードサイトが変更されていればマイクロソフト社のダウンロードセンター等で検索して下さい。
            [ダウンロードセンター]
            http://www.microsoft.com/ja-jp/download/default.aspx
ダウンロードサイト
確認日:2012/11/01
・.Net Frame Work 2.0 本体

      ダウンロードサイト (32ビット、64ビット共通)
      http://www.microsoft.com/ja-jp/download/details.aspx?id=1639

      ダウンロードするファイル
      NetFx20SP2_x86.exe (32ビットの場合)
      NetFx20SP2_x64.exe (64ビットの場合)


・.Net Frame Work 2.0 日本語 Language Pack

      ダウンロードサイト (32ビット)
      http://www.microsoft.com/ja-jp/download/details.aspx?id=5913

      ダウンロードサイト (64ビット)
      http://www.microsoft.com/ja-jp/download/details.aspx?id=9834

      ダウンロードするファイル
      NetFx20SP2_x86ja.exe (32ビットの場合)
      NetFx20SP2_x64ja.exe (64ビットの場合)

インストールの順番 1).Net Frame Work 2.0 本体をインストール
2).Net Frame Work 2.0 日本語 Language Packをインストール